VRC NZM

VRChatの日記やあれこれ。

クラッシュアバターによるVRCのクラッシュを防ぐ方法

【追記】2022/08/23 20:33 ブロックする項目に[Light nad Particles]を追加

 EACが導入されVRChatのPublicインスタンスも出歩きやすくなったのですが、ちょろちょろとクラッシュアバターを使用した荒らしが見受けられたので、対応方法を書いておきます。

 文字で書いてしまうと「カスタムセーフティでフレンドをのぞくプレイヤーのシェーダーとパーティクルの読み込みを切る」だけです。改造クライアント全盛期はセーフティを貫通してきたのですが、私以外のプレイヤーがクラッシュアバターで落ちる中、私だけ生存していたので多分この方法は有効です。

(1)設定を開き[SAFETY]を選択します。

(2)[Shield Level]にて[Custom]を選択し[Friends]をのぞく全てのランクで[Shaders]と[Light and Particles]の項目をオフにします。

(3)シェーダーとパーティクルを読み込んでアバターを見たいプレイヤーがいる場合は、プレイヤーを選択して[Show Avatar]を選択します。そうするとシェーダーとパーティクルが読み込まれ、アバターをアップロードした人の意図する状態でアバターが表示されます。

備考

 今回、クラッシュアバターを使った荒らしに遭遇したのはFUJIYAMAでした。私はVRChatのOpenBetaを利用しており[Performance]の機能を使って、指定の距離にプレイヤーが近寄らない限り、アバターデータが読み込まれない設定にしていました。

 もしかしたら、この設定によりアバターのデータが読み込まれずVRChatがクラッシュしなかったのかもしれません。気になる方は自己責任でOpenBetaを利用してみてください。